ニューヨークでラーメン!!

こんにちは!Naoです!!

皆さんラーメン食べてますか??

日本人ならみんな大好きラーメン。僕も日本在住時には毎日のように食べていました!!

ニューヨークというか全米で今ラーメンが大人気です。

いけてるヒップスターの合言葉は「Shall we Ramen?」てなくらい流行っています。(想像です)

あのカニエ・ウエストもライブ後に締めのラーメンを食べたり、アリアナ・グランデもラーメンの前でセルフィーを撮ってるとか撮ってないとか。(想像です)

このニューヨークのラーメンブームの先駆けは、日本でも有名な一風堂(IPPUDO)です。

聞いた話では、BI (Before IPPUDO)の頃はまだまだラーメンは中華料理の一種っしょ?くらいの認識で金額は$7前後だったそうですが、AI (After IPPUDO)後はIPPUDOの巧みなブランディングとマーケティングのおかげでラーメンがNYで市民権を獲得、価格も$13前後に跳ね上がったそうです。

こうして、ラーメン=おしゃれな食べ物という認識が出来上がったNYに一攫千金を夢見て数多くのラーメン職人が集まります

その結果、西洋人の間では最低の食事マナーとも言われる音を立てて麺をすするという光景をニューヨークのそこら中で見られるようになりました。

また新しい物好きのニューヨーカーはラーメン=おしゃれという認識のもと、なんと日本では考えられないのですが、ラーメン屋を意中の女性をくどくオシャレなレストランとして活用しております(筆者は同じことを日本で気になる女性にした結果振られた前科あり)。

AI10年の現在、愛するラーメンを$13(プラスチッップ)も払わないと食べられないこの現状に嘆いている私ですが、なけなしのお金でニューヨークのラーメン屋を食べ歩いた結果、発見した是非ともお勧めしたい5件のお店を今回は紹介したいと思います!!

 

1.Totto Ramen

ニューヨークにある日系の焼き鳥屋さんがはじめたラーメン店で、鶏ガラを使った白濁色のスープが絶品です。

隠し味になんとお米が使われており、これがよりマイルドな旨味とコクを出しており、僕はこのスープにゾッコンです!

サイドオーダーで白米頼んで、汁ごはんするのがたまりませんね(すみません上品ではなくて)。

僕のニューヨークで一番好きなラーメン屋です。

 

2.Minca

お店イチオシの豚骨醤油ラーメンは、ジワッと染み入る旨味、いつまでも尾を引く後味、そして喉を落ちる際の満足感が味わえます。

また、穴場的なお店で比較的空いているのも魅力的です。

 

3.Bossanova Ramen

🍋😍 #chinatownnyc #chinatown #bassanova #lemon #nyceater #nycfoodie #nyceats

Shiho Yamaguchiさん(@shiho_nyc)がシェアした投稿 –

NYの数あるラーメン屋の中では異彩を放っているのがこのBossanova Ramenです。

というものそのメニューの中には、日本では考えられない辛口タイのグリーンカレーらーめん、そば麺を使用した特製アイバンラーメンといった意欲的なメニューを提供しています。

ニューヨークの味覚にローカライズされたラーメンを食べるにはうってつけの場所です。

 

4.Yuji ramen

YUJI Ramenさん(@yujiramen_bk)がシェアした投稿

オーナーのユージさんはもともと魚の卸を中心とした食品商社が働かれていて、魚料理の魅力を伝えるために始められたのがこのYuji Ramen。

魚をふんだんに使ったそのラーメンは豚骨が主流のNYのラーメン業界の中でも異色の存在で、ニューヨーカーから絶大な支持を得ています。

その人気から、ブルックリン・ニューヨーク発のラーメン屋として新横浜ラーメン博物館に逆輸入されました。

 

5.Ivan Ramen

NY出身のオーナーIvanさんは、ある時ラーメンにはまりラーメン探求のため日本に行って修行し、アメリカ人の作るラーメン店として日本で話題になったアイバンラーメンの創業者。

その彼が、地元のニューヨークに戻って開いたのがIvan Ramenです。

Netflixの人気コンテンツであるChef’s Tableでも紹介されているのでよかったら見てみてください!

 

 

以上、いかがだったでしょうか??

前述したようにニューヨークでは、ラーメン屋が雨後のたけのこのように続々と開店しております。

ただ現在、出店すれば物珍しさにお客さんが集まるというフェーズは終わり、実力のないお店は淘汰されるというフェーズに入っています。

ご紹介したYuji Ramenのように、アメリカ発で日本に逆輸入されるというラーメン屋さんも出てきており、今後カリフォリニアロールのように現地の食文化と融合したオリジナルメニューを提供するラーメン屋さんがどんどん出てくることが予想されます。

今後もニューヨークのラーメンシーンからは目が離せませんが(僕はそのうち抹茶ラーメンが流行ると予想してます)、その前に競争原理によってラーメンの価格が下がることを切に願っております泣泣