オピニオン

となりの芝生は青い??

どーも、Naoです!!

先日、日本人の友人と会話をしていた際にこんな話をしていました。

アメリカ人(ここでは白人を指している)にあこがれている。アメリカ人みたいになりたい。アメリカ人みたいな長い手足、アメリカ人みたいなきれいな金髪、アメリカ人みたいな高い鼻、アメリカ人みたいな大きい目、エトセトラエトセトラ、、、」

一方でアメリカ人の友人と話をしていた際にこんなことを言っていました。

「日本人の長い黒髪は美しいよね。切れ長の目もクール。コンパクトな鼻もかわいい(ものは言いようですね笑)。きめの細かいきれいな肌も羨ましい!!」

さすがに憧れるとまでは言いませんでしたが、日本人(女性)をべた褒めしていました。

こうした相互の意見を並べてみると、お互い何でも自分にないものはよく見えるというのがはっきり見えておもしろいですね!!

このネタについて考えた時に、ふと昔東京に住んでた時に原宿駅のエスカレーターで前に立っていた女子高生(?)達が話していた会話を思い出しました。

「あそこにいる白人、アメリカ人かな??凄ーい、いいなぁ♡」

何が凄ーいのかはわかりませんが、その視線の先にいた2名の欧米人(?)は、Tシャツ・短パン・サンダル姿で中肉中背のいたって普通の白人の青年でした。

このとき、僕は日本人の頭の中に根深く存在する白人コンプレックスを感じずにはいられませんでした。

 

白人コンプレックスはなぜこんなにも強く存在するのか?

 

この件に関して、おもしろい考察をしていた人がいたのでちょっと長いですが紹介したいと思います。

 

“日本人が英語を話せない1つの原因として、白人崇拝病が挙げられるのです、、

あなたもご存知かと思いますが、テレビのCM、、特に高級品のモノやファッション雑誌などでは白人のモデルが使われています。

最近では、ハーフのタレントやモデルをたくさん見かけますが、あの人達も、白人、欧米人に似ているという点で、キレイ、かっこいいという風に見られています。。

確かに、背は高く、目は二重で鼻筋も通っているので、かっこいい、キレイというのも頷けるかもしれませんが、そもそもその美的感覚を持たされたのも、実は最近の話なのです、、、??

日本で使われている車のCMも軽自動車や比較的リーズナブルな車は、日本人のタレントが使われていますが、高級車になったとたん、欧米人、さらに言えば、、、

白人が使われますよね。

他にも、歯のホワイトニングや高級ブランドのCMには、必ずと言っていいほど白人が器用されているのです。

それって、普通じゃないの!?

と思うかもしれませんが、これは普通ではありません、、 むしろ異常です。

実は、どの国も人たちも、モデルには自国民を使うのが”普通”です。

なぜなら、彼らは自分たちの国民が一番かっこ良くて優れていると思っているからです。

たとえば、、これが韓国や中国の雑誌です。

どれもこれも、アジア系の人たちが、つまり自国民がモデルになっています、、

アフリカ系の黒い肌を持つ人達の国では、やはり黒人がモデルになっています。

アラブ系もそうです。

みんな、自国民をモデルに使っています、これが、普通、当たり前なのです。

日本のように、 「白人の方がキレイ、かっこいい」 というようなCMなどを見せられているとどうなるのか?

その答えは、、無意識のうちに、白人は我々日本人よりも優れた文化を持った優れた人種だと思い込んでしまうのです。

つまり、、、、白人を私たち日本人よりも、上に見てしまうのです!!”

 

原文はこちら。EQ英会話

なかなか興味深い考察ですね。

思い返せば僕自身も、小さな頃からテレビCM、雑誌、広告で8等身のキレイ、かっこいい白人を見続けてきた結果、知らず知らずのうちに「白人=キレイ、かっこいい」という先入観が出来上がってしまっていたことは否定できません。。

 

もう、うしなっています。

 

結論!「日本の女性は美しい!!」

 

どこかのヘアケアブランドのCMのような見出しとなってしまいました笑

ちょっと横道にそれてしまいましたが、冒頭にご紹介したように白人の中にも日本人(アジア人)の容姿を羨ましがる人が一定数以上います

つまり、となりの芝生は青いってことで、日本人である自分にもっと自信をもってあなたらしい美しさを探求してみてはいかがでしょうか!!

以上、三十路のおっさんの独り言でした。