Uncategorized

デジタルノマドになりたいならここで学べ!!お勧めの海外オンライン学習サービス6選

こんにちは、デジタルノマド一年生のNaoです。

私は今年の4月から、2年半弱暮らしていたアメリカでのビザが切れたので、これを機に前からやりたいと思っていたデジタルノマドとしての生活を始めました。

現在は、中米のグアテマラにある世界一美しいと言われるアティトラン湖の湖畔にあるサンペドロ・ラグーナという小さな村で趣味のスペイン語を学びつつ、リモートで仕事をしています。

デジタルノマドとは??

フランスの経済学者・思想家であり、ヨーロッパ随一の知性と謳われるジャック・アタリが、その著書「21世紀の歴史」の中で、こんな未来予想をしていました。

・気候やエネルギーの変化が起こり、様々な地域で紛争が起こる

・国家の法の力が弱体化し、市場の秩序で形成される世界システムが形成される

・このような時代においてノマド(遊牧民族=定住しない人々)が重要な役割を果たす

・ノマドは以下の3種類に分けられる

ハイパーノマド:国という枠を超えて個人で活躍する層

ヴァーチャルノマド:定住しながら、ハイパーノマドの作り出すものを消費する層

下層ノマド:仕事を求めて世界をさまよう出稼ぎ労働者層

この書物を機に、ノマドという言葉が世の中に徐々に浸透していきました。

そして、通信技術やデジタルテクノロジーの進歩のおかげで、自分の住みたい場所に自由に移動して、デジタル機器を駆使して好きな場所で働くデジタルノマドという新しいライフスタイルが生まれました。

デジタルノマドに必要なスキルは??

前述した通りデジタルノマドは、インターネットやデジタル機器を活用して、世界中どこででも働こうというライフスタイルなので、その携わる職種も、プログラマー・グラフィック/WEBデザイナー・ライター・フォトグラファー・ビデオグラファー・翻訳家・オンラインマーケター・Eコマースなどインターネットで完結するものをなります。

したがって、デジタルノマドになりたい!!と思うならば、下記のようなスキルが必要となります。

プログラミング・グラフィックデザイン・WEBデザイン・ライティング・フォトグラフィー・ビデオグラフィー・翻訳・オンラインマーケティングなど

今勤めている会社や、日本社会に不安や閉塞感を感じていたり、会社に属さず個人で働きたい!!と密かに心の中で思っている人は結構いるかと思います(私も昔そうでした)。

そんなスキルなんてないし、どうやって勉強したらいいかわからん!!というそこのあなたにお勧めしたいのが、オンラインの学習サービスです。

海外のオンライン学習サービスで学ぶ利点

学習サービスの世界も、デジタル技術の恩恵を多大に受けており、先のデジタルノマドに必要なスキルを習得するための大変質の良い学習サービスをオンラインで、無料または大変安価で学習することができます。

日本でも質の良いオンラインサービスが、多数立ち上がっておりますが、やはり英語圏のオンラインサービスには一日の長があり、中にはその分野の世界的に有名なプロフェッショナルの授業を受講することもできるので、海外オンライン学習サービスを活用するのがいいでしょう。

またデジタルノマドとして生きていく上で、英語を扱えることは必須なので、その学びたいスキル + 英語力を同時に養えるという、一粒で二度美味しい英語でのオンライン学習をお勧め致します。

それでは、分野ごとに私が実際に利用したお勧めのオンライン学習サービスを6つご紹介します!

1. Codecademy(プログラミング)

まずお勧めしたいのが、プログラミングが学べるCodecademyです。

今、日本発のプログラミング学習サービスとして人気が出てきているProgateと類似のサービスで、その特徴は、まず必要な知識を文章で読んで理解し、実際にコードを打ち込む演習をするというインプットからアウトプットまでの流れを、オンラインで一気通貫でできる手軽さと効率の良さにあります。

また、演習中にわからなくなっても、各種ヒントを参照したり、過去の説明文に戻ることもできるので、内容につまずいても安心です。

筆者は、ProgateとCodecademyの両方を利用したことがあるのですが、Codecademyの方がより説明が細かく、個人的にはわかりやすかったです。

このサービスは、「HTML 」「 CSS」「JavaScript」「JavaScript」「jQuery」「Ruby」など、WEBサービスを作るのに必要となる言語を一通りカバーしています。

気になるお値段ですが、無料では各言語のさわりを学習できるのみなので、Proコースと呼ばれる有料会員になるのが必須となりますが、月額$19.99(6ヶ月契約、1年契約の割引あり)とリーズナブルです。

2. Masterclass(クリエイティブ系スキル全般)

このMasterclassが、類似サービスのSkillshareやUdemy、Linda.comと大きく異なるのは、その講師陣の豪華さと受講画像のクオリティの高さです。

例えば、下記の講座を受講できますが、その講師陣はその業界の第一人者です。

ライティング     Malcolm Gladwell

クッキング      Alice Waters

フォトグラフィー   Annie Leibovitz

作曲・DJ        Armin Van Buuren

フィルムメイク    Martin Scorsese

ライティング       James Patterson

クッキング      Gordon Ramsay

ファッションデザイン Marc Jacobs

演技         Samuel L.Jackson

Jazz         Herbie Hancock

歌          Christina Aguilera

建築         Frank Gehry

ライブパフォーマンス Usher

 

おまけにスポーツまであります、しかも世界のトップ選手!!

テニス        Serena Williams

バスケ        Stephen Curry

いや~、錚々たる顔ぶれ!これら講師陣の講座をインターネットで安価に見られるとはいい時代になったものです!

その業界のトップの考え方や技術などを知りたい方は是非!ドキュメント感覚でただ視聴するのもTEDを見ているようで楽しいです。

気になるお値段は、年契約で$180でどの講座も見放題なので大変リーズナブル。(1講座$80の契約も可能です)

3. Skillshare(クリエイティブ系スキル全般)

Skillshareは、プロ・アマチュア問わず、何か人に教えることのできるスキルを持った人が、基本的には誰でも講師となって、自分の授業を配信できる、いわばオンライン講座のYouTubeのようなサービスです。

講師になるためのハードルが低いので、その講座内容も、デザイン、ビジネス、テクノロジー、写真、映像、ライティング、Eメールマーケティング、ロゴデザイン、クリエイティブライティングなど多岐に渡ります。

手軽に講師登録ができる一方で、講座内容が軽いものも数多く見受けられる印象ですが、中には業界の大物が担当している講座もあるので、こうした質の良い講座をピンポイントで受けるのが良いでしょう。

ちなみに筆者の専門のグラフィックデザインでは、Aaron Draplin、Chip Kidd、Jessica Hische、Paula Scherといったアメリカのトップデザイナーの講座があります。

気になるお値段は、月額$15(1年契約の割引あり)でどの講座も受け放題なので、一回飲み会を我慢して、気になる講座をサクッと覗いてみてはいかがですか??

4. Udemy(クリエイティブ系スキル全般)

続いてご紹介するのが、Udemyです。

こちらは、先にご紹介したSkillshareの上位互換のようなオンライン学習プラットフォームです。

基本的な内容は、Skillshareと同様様々な分野のプロフェッショナルが、多岐に渡る講座を提供しておりますが、講師側へのインセンティブが高い(自由に販売価格を決められ、販売料金の33%が手に入る)ので、自ずと講座のクオリティも高くなります

またこちらは、アメリカのサービスですが、日本企業のベネッセとも提携しており、日本語の授業も豊富に取り揃えています

料金体系は、定額・受け放題という形ではなく、講座ごとに異なる価格で販売する形態なので、自分が必要な講座を購入しましょう。

よくタイムサービスで割引をやっているので、それを待って購入するのが賢明です。

5. Lynda.com(クリエイティブ系スキル全般)

こちらも、skillshareとUdemyを足して2で割ったようなサービスで、定額で、質の高い様々な分野の講座をオンラインで学ぶことができます。

Lynda.comは、歴史の長い老舗のサービスで10万以上の講座を保有しており、必ずあなたが探している講座が見つかるでしょう。(日本語にも対応しており、日本語の講座も数多くあります)

さらに、プロフェッショナル向けSNSのLinkedInに買収されており、LinkedInの保有している職探しのビックデータを活用することでよりニーズにマッチした講座の提供が期待できます。

気になるお値段は、月額$30(1年契約の割引あり)です。

6. Logocore(ロゴデザイン)

最後にご紹介するのが、ロゴデザインに特化したオンライン学習サービスのLogoCoreです。

こちらのサービスは、現役のグラフィックデザイナー集団によって運営されており、ロゴデザインの理論から、現場のワークフロー、ソフトウェア(Illustrator)のテクニック、ロゴアニメーションの作り方そして、フリーランスとしての仕事の進め方が学べる、大変実用的な内容です。

また、コースによって、運営者のプロのグラフィックデザイナーからメンタリングを受けることも可能です。

気になるお値段は、講座のみで$60の払いきり、メンタリング付きで$150です。

美大のグラフィックデザインの授業をサックと学べる感じなので大変おすすめです。

まとめ

以上、デジタルノマドになるために必要なスキルを学べる、6つのオンライン学習サービスをご紹介させて頂きました。

私自身が、今テジタルノマドのような生活を始めて感じることですが、仕事を獲得するために常に手持ちのスキルや知識の更新、および新しい技能習得の必要性を肌で感じております。

そうしないと、世の中に取り残されて、仕事がなくなり、ノマド生活はおしまいだからです。

筆者が、会社勤めをしている際は、上から降ってくる仕事を処理する毎日(ダメサラリーマンでした笑)だったので、新しい技能の習得など考えたこともありませんでしたが、今こうして自分のスキル一本で飯を食っていくライフスタイルに切り替えると、必死が違います

これからデジタルノマドになりたい!という人はもちろんの事、大手企業でも副業が解禁されつつあるこのご時世、会社員の方々もオンライン講座で学び、何かもう一つお金を稼げるスキルを身につけることを強くオススメします。

硬い話は抜きにしても、新しいことを学ぶのはとても楽しいですよ!!

ABOUT ME
Nao
Nao
大企業のサラリーマンをやめてアメリカの美大に留学。現在は世界をぶらぶらしているWeb/グラフィックデザイナー。