海外ノマド

【おすすめアプリ】アメリカ生活するならコレをもて!!必須アプリ9選

こんにちは、Naoです。

みなさん、スマホ生活楽しんでますか??

昨今、アメリカの若者は一日に平均4時間以上(※2017年時点)を費やしているそうです。

Facebook、Snapchat、Instagram、Twitter、Youtubeなどなど暇つぶしのためのアプリがいくらでもあり、電車にのれば背丈の大きなアメリカ人が皆猫背になって小さなスクリーンを覗いているのが笑えます。

そうゆう自分は2、3年前にスマホ依存症気味になっていたのに危機感を感じて距離をおくようになったのと、生活上の理由から固定費を削減するために(泣)月200MBしか使えない通信プランを契約しているので、スマホは大体機内モードなっており実質音楽プレーヤーと化しています。

そんな対してスマホを使わない私ですが、それでもアメリカ生活をしていく上で必須!!と考えているスマホアプリがあり、今回はそれらを紹介したいと思います。

(※iphoneユーザーのためandroidの方ゴメンなさい)

1.Venmo

日本のように銀行間の送金に多大な手数料が取られるアメリカでは、小切手によるお金の授受が基本です。

ただし、飲み会にいって割り勘したときに現金が足りなくてお金を友達に借りた時にわざわざ$10のために小切手をきるのは面倒ですよね。

そんなときにこの個人間送金アプリのVenmoが大活躍します。

Venomとは自分の銀行のアカウントを登録しておく事で、同じくアカウントを持った他人に無料で送金できるサービスです。

その便利さからアメリカでは、venmoという言葉を「google it」のように動詞として使っています笑(例:Can I venmo you later?)

これはアメリカ生活するならマストハブですね!

2.Meetup

これは日本でもお使いの人がいるかもしれませんね。

Meetupは、「オンラインでイベントを告知して参加者を募り、オフラインで実際に集まる」といったサービスです。

アメリカに来たばかりでまだ友人のいない外国人にとってはまさに神のようなアプリで、自分の興味嗜好に合わせて、GPSを利用して近所のイベントが検索できてしまいます。

イベントに参加して、同じ趣味を持った人と出会うということが簡単にできてしまうとても便利なアプリです。

3.Yelp

こちらも日本に上陸済ですが普及はしていないようですね。

Yelpは簡単に言うと、食べログの検索&リコメンド機能が飲食店だけではなくその他の全ての実店舗に適用されたサービスといった感じでしょうか。

これを使えば、GPSを利用して最寄りのスーパー、カフェ、クリーニング屋、郵便局などを探し当てることができます。

特に土地勘のない場所に移住したての頃は、四六時中お世話になるアプリですね!

4.OpenTable

レストランの予約って面倒くさくないですか??

特にアメリカだと英語だし、電話だと聞き取りにくいし、日本人の名前に慣れてないから5回くらい聞き返されるし、、

そんな悩みを解消するのがこのOpen Tableです!

予約したい時にレストランの営業時間に関係なく予約ができ、また希望の時間が空いてないときも前後の空席情報が簡単に確認できます。

そして予約完了後の確認メールを一緒に行く友達に転送することもできます。

また予定表にすぐに保存できるなど便利な機能がたくさんあります!!

注:アメリカの主要都市でしか使えないので悪しからず、、

5.Seamless

出前のオーダーって面倒くさくないですか??

特にアメリカだと英語だし、電話だと聞き取りにくいし、、日本人の名前に慣れてないから5回くらい聞き返されるし、、

そんな悩みを解消するのがこのSeamlessです!

ニューヨークだけで1500近くもある提携店の出前のオーダーがこのアプリを通して一括で出来てしまうという優れもの!!

店ごとにカスタマーレビューも載っているので、気になる店を比較しながら吟味して注文することができます。

6.Overcast

アメリカに来てからも英語学習をするために各種のポッドキャストを聞いている方が多いと思います。

Youtubeも良いかと思いますが、ポッドキャストは音声だけの情報なので結果リスニングに集中せざるを得ずより学習効率がよいように感じます(僕のおすすめはHapa英会話。英語学習に超おすすめ!!)。

そんなポッドキャストを聞くためにiphoneならばネイティブアプリを使うのもいいと思いますが、このOvercastもとてもおすすめです。

その利点はなんといっても滑からな再生速度変更機能です。

英語番組でちょっと早いなと感じたら0.8倍速、日本語番組でとにかく情報だけ得られれば良いなと思ったら1.8倍速なんて使い方ができます。

また、無音時間を省いて時短するSmart Speedもとても便利です。

これは放送中の無音時間(人と人との会話の間など)をスキップする時短機能なので、忙しい現代人にとってとても嬉しい機能ですね。

7.TuneIn Radio

日本で聞いていたあのラジオ番組をどうしてもアメリカでも聞きたい!!

そんな悩みを叶えてくれるアプリがこのTuneIn Radioです。

TuneIn Radioはチューニングする必要も無く世界中のラジオ放送が聴けるアプリです。

UIもスッキリしていてわかりやすく簡単にご希望の放送局を探し当てることができます。

僕はこのアプリを利用して、ニューヨークの寒空の中でNack5を拝聴しております。(埼玉県民ならわかるでしょ?笑)

BBCやCNNなんかもあるので、英語学習にもおすすめです!!

8.The wisdom 辞書

アメリカで生活する上で英語辞書は欠かせないものだと思いますが、今時紙の辞書や電子辞書ですら持ち運ぶなんてナンセンスですよね。

そこで英語辞書アプリはスマホに一個は必須です。

無料の辞書アプリも多数あり、有名どころではアルクの英辞郎なんてアプリがありますが色々不具合も多いみたいで評判がよくありません。

その点、このThe wisdom 辞書アプリはお値段もそれなりにしますが、単語、熟語、例文がすぐに見つけられ、また音声機能も充実しておりとても便利なので、値段に躊躇せずすぐにダウンロードしましょう!!

9.単語box pro

アメリカ生活をする上で、英単語・熟語のボキャブラリーを増やすことはとても大切です。

コツは日頃の生活で、テレビやCM、雑誌、町中の広告などで見たことのない英語表現を見つけたらそれをサクッとメモして繰り返し見返すこと。

それを続けていけば、アメリカ人が日常的に使う英語表現を自分にインストールでき表現の幅を広げることができます。

僕はコレをある時まで携帯のカメラで行っていたのですが、可読性や検索がとても不便で、昔受験生の時に使った単語カードのようなものがあったらいいなと思ってました。

その結果見つけたのがこの「単語box pro」。

とてもシンプルなUIですが、まさに単語カード感覚でスマホ上で使えます

是非お試し下さい!!

 

以上、いかがだったでしょうか?

この他にもこのアプリが便利だよ!など情報があったら是非教えて下さい!