オピニオン

【オピニオン】海外生活あう人あわない人

こんにちは、Naoです!!

僕は2015年に8年間勤めていた会社を退職し、留学をきっかけにアメリカに移住しました。

大学時代に海外旅行にはまり、暇を見つけてはちょこちょこ色んな国を旅行しました。(今数えてみたら35ヵ国いきました!!)

インドで腐ったヨーグルトを食べて三日三晩うなされたり、コスタリカでおかまにホラれそうになったり、スペインでトイレが見つからず失禁したり、日本ではできない様々な体験ができるのが旅行の魅力で、いつか長期で海外に住んでみたいとずっと思っていました。

海外生活が合うタイプとは?

そんな長年の夢がかないニューヨークに移住することになった筆者ですが、滞在期間中に出会った様々なバックグランドを持つ日本人と接していくうちに、海外生活に合うタイプと合わないタイプがあるのでは??という考えがふと浮かんだので、今回はそれをシェアしたいと思います。

1.自分の頭で考えて動ける

当たり前ですが、あなたが移住した国にはその国の言語があり、その国の文化があり、その国のルールがあります。

つまり、日本のやり方は通用しません。

その国の作法を理解して、それに自分を適用させていかなければ生きていくことはできません。

その最初の難関が、家探しです。

相場はいくらか?不動産屋はどう探すんだ??家賃高いからルームシェアしないとダメか??どのエリアがイケてるか???そもそも英語で何言ってるかわかんねーーー

このような大小様々な問題が、海外に住んでいると毎日のように起こりますので、その都度自分の頭で考えて行動できないと、すぐにホームシックにかかって日本に帰りたくなるでしょう。

海外に長年いる人たちはこうした能力が非常に高いと思います。

いざ職を失って家を追い出されても、友人のところに転がり込んで、ストリートパフォーマーとして生計を稼ぐくらいのガッツがあるでしょう。

いつも受け身で、思考の停止している人は海外生活は難しいと思います。

2.好奇心が旺盛

そもそも好奇心がない人がわざわざ海外移住をしようなんて思わないと思いますが、好奇心は海外生活をエンジョイする上で大変重要な要素だと思います。

今まで慣れ親しんだ日本を離れて、わざわざ家族・親類・友達のいない海外で暮らすわけです。

そんな未知の世界で生活に彩りを与えるために、その国の人々、文化、歴史、伝統に対して好奇心を持つことは非常に重要です。

そうすることによって自然と友人ができ、地域のコミュニティに溶け込んでいき、楽しい海外生活をエンジョイできるんだと思います。

3.孤独に強い

日本人は、SNS人気、EX◯ILE・AK◯48といった大世帯のグループの人気具合や祭り・フェス人気に見られるように、誰かと一緒にいたい・繋がりたいという願望が強い民族だと思います。

こうした価値観を否定するつもりはありませんが、海外生活は基本的に常に孤独です。

海外で外国人として生活するということは、日本の文化、食事、家族、友人、それら全てから離れて生活するわけですし、バイリンガルでもない限り常に言葉の問題も付きまとうわけですから。

この孤独感に打ち勝てず、耐えられなくなって日本に帰国する人が大勢います。

僕は誰とも喋らなくても1週間くらいは問題なく暮らせるタイプなので、あまり孤独を感じませんが、常に誰かと一緒にいないと無理!!って人は海外生活は難しいと思います。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか??

ちょっと上から書いてしまいましたが、こうした資質があれば海外移住を100%エンジョイできると思います!

仮に今なくても、海外生活を続けて行けばいやでもタフになれます!!

色々苦労もありますが、それを補ってあまりある魅了で溢れる海外生活を一度オススメします!!