海外ノマド

【おすすめの一人用炊飯器】ノマドや旅行者、海外勤務にもぴったり

こんにちは!どこの国にいても玄米を食べ続けているNao(@Nao_Suzuki7)です。

Nao
Nao
海外でも米を食べたいけど、炊飯器邪魔だしな~

そんな悩みを抱えている、長期旅行者・海外ノマド・海外勤務者のあなたに朗報です。

僕自身も昨年は、海外ノマドとして中南米をふらふらしており、玄米専用の炊飯器をトランクケースに入れて持ち歩いていました。

しかし、いかんせん重い。

そして、入国審査でも怪しまれる。

そこで、バックパックでも十分持ち運べられるようなコンパクトで軽い炊飯器を探していたところ、運命的な出会いがありました!

お一人様用炊飯器「ハンディ炊飯器 MINIRCE2」とは?

たまたまネットサーフィンをしていた時見つけたのが、このハンディ炊飯器でした。

メーカーから出ている仕様をみてみましょう。

サイズ:幅225×奥行き135×高さ155(mm)

重量:約1kg

電源:AC100V 50/60Hz

消費電力:250W

最大炊飯量:120ml×2(約1.3合)

容器容量:約360ml

機能:空焚き防止機能:あり

保温機能:なし

海外使用について:140Vまでは使用可能

簡単にポイントをまとめると

小さい・軽い・手軽

なコンパクト炊飯器です。

サンコーのハンディ炊飯器 MINIRCE2

炊飯器の魅力を紹介

1. 蒸気の力で炊く

炊飯台にお水を入れて、中央にある水蒸気発生板がその入れたお水を加熱します。

炊飯器の内側で、高温の水蒸気が陶器のお茶碗にまんべんなく熱を加え、少量のお米でもふっくらと美味しく炊き上げてくれます。

2. コンパクト

小型で弁当箱サイズのコンパクトさで、バックパックにも入れられ、炊飯器を持ち運び、電源があればどこでも出来立ての美味しいご飯が食べられます。

3. ご飯以外の食物もOK

ご飯を炊くと同時にもう1つのお茶碗に、お肉、野菜、味噌汁などを入れておけば、ご飯が炊けたときに一緒に食べられます。

ゆで卵も作れます。

ノマド・筋トレ愛好者(僕です)に最高

サイズが非常にコンパクトで、炊飯器としてはとても軽い1kgの重量なので、荷物をできるだけ少なくしたい海外ノマド・旅行者に大変おすすめです。

僕は、これを愛用のバックパックに入れて、どこにでも持ち運んでいます。

あわせて読みたい
【ノマド向けカバン】ドイツのブランド「OPPOSETHIS」が超おすすめこんにちは。炊飯器をカバンに入れて生活しているNaoです。 そんな人にオススメのバックを見つけました! 僕は昨年、キャリーケース...

ヨーロッパで使用する際には、変圧器をかまして利用しています。

取手が付いているので、持ち運びが非常に簡単です。

鶏肉や卵、野菜を蒸すことができるので、油を使わずに調理を行いたいダイエット中の方、筋トレをされている方にも非常に使い勝手が良いです。

炊飯器の使い方

まず、お茶碗にお米や食材を入れた後に、炊飯台にお水を適量入れます。

お茶碗を炊飯台にセットしましょう。

お茶碗の蓋を閉めます。

炊飯スタートのスイッチを入れます。

約50分後、電源ランプが消えて炊飯終了、蒸らして完成です。

本日は、玄米と鶏肉、オクラをいただきました。うまい!!

このままお茶碗で食べることができるので、食器もいらず、片付けも簡単です!!

まとめ

ここまで、記事を読んでいただきありがとうございました!

今回紹介したサンコーの「ハンディ炊飯器 MINIRCE2」のポイントをもう一度まとめますね。

・バックパックにも入るコンパクトさ

・炊飯器としては異例の、1kgの重量

・お米以外にも肉・野菜・スープなども調理できる

ノマド・旅行者、一人暮らし、自炊男子にも胸をはっておすすめできる一品です!

家庭に一台ぜひどうぞ!!

サンコーのハンディ炊飯器 MINIRCE2