旅・ノマド

【メキシコ観光案内】ノマドにもオススメ!サンクリ(サン・クリストバル・デ・ラス・カサス)を紹介!

¡Hola! メキシコ・ティファナの屋台の海鮮タコスが大好きなNao(@Nao_Suzuki7))です!

Nao
Nao
メキシコシティやカンクンもいいけど、もっとメキシコでディープな場所はないかな~?

タコスやテキーラ、ソンブレロ(つばが広く中央が高い帽子)、死者の祭でおなじみのメキシコですが、首都のメキシコシティやカンクンをまずは訪れる人が多いと思います。

その度で、メキシコの魅力にとりつかれた人は、メキシコをよりディープに旅したくなるでしょう(僕もそうでした!)

そんなメキシコ旅行上級者のあなたにオススメの旅先があります!

サンクリってどこ

メキシコの南部にあるサン・クリストバル・デ・ラス・カサス(通称サンクリ)

メキシコ中央平原の標高2,100mに位置するサンクリは、コロニアル調の建築が立ち並び、メキシコ先住民が多く暮らす自由とヒッピーの街

欧米からの旅行者・居住者も多く生活しており、皆それぞれアクセサリーの販売、オーガニック製品の製造・販売、路上演奏などを行っており、非常にクリエイティブな空気が流れている素敵な空間です。

また、メキシコとグアテマラの国境からは3時間程度の場所にあり、これからグアテマラに南下する旅人、グアテマラから北上してきた旅人の拠点としても有名です。

サンクリの魅力

筆者は、2018年の7月に約3週間、このサンクリに滞在しました。

ノマドワーカーとして生活をしていましたが、控えめにいって、サンクリは居心地が最高でした!

そんなサンクリの魅力を5つのポイントに凝縮してお伝えしましょう。

①街中に漂うヒッピーのバイブス

歩行者天国の目抜き通りには、ミュージシャンや大道芸人が四六時中パフォーマンスを行っており、側道では世界各国のヒッピーたちが自作のアクセサリーを路上販売しており、街中を自由な空気が流れています。

この街で会ったある日本人は、路上でギターやベースを弾いてチップを得ることにより生活をしていました。

また、ヒッピー定番のアクセサリーであるマクラメや、ヘナタトゥーをやっている人も多く、安価でワークショップを受けることも可能です。

ライブハウスやディスコも多いですが、路上で無料(チップ)で音楽を奏でているミュージシャンが多いので、そこら中にごきげんな空気があふれています。

手前味噌で恐縮ですが、こちらはサンクリで会った日本人ミュージシャンの路上ライブ(バスキング)の様子を撮影・編集したものです。

②常春の抜群の気候

年間を通してすごしやすい気候で、5月下旬から9月まで雨季となりますが、それ以外の時期はカラッと過ごしやすい気候が続きます。

僕の滞在した時期は、7月の雨季でしたが、雨が降る時間は大体決まっており、それ以外は晴れているので特に問題はありません。

標高が高いため、朝と夜は若干冷えますが、日中はTシャツ・短パンで暑すぎず、寒すぎない絶妙な気候をエンジョイできます。

③物価が安い

中南米のほとんどの国と同じように、メキシコ・サンクリの物価も日本やその他先進国と比較して、非常に安価で、感覚的に日本の1/2~1/3程度で済むます。

主な物価は下記の通り。

缶ビール(ローカルスーパー) 75円

コーヒー(高級カフェ) 200円

ビール(飲食店) 200円

ワイン(飲食店)250円

定食(大衆食堂) 400円

3週間の滞在中に僕がよくお世話になった地元のタコス屋と大衆食堂も紹介しておきますね。

食事に困ったらこの2点に行けば、味・費用的にも間違いありません!!

El Mesón del Taco

El alebrije

④民芸品市場の物色が楽しい

サンクリには、美しい民族衣装をまとった先住民の売り子さんが路上で土産物を販売しています。

彼女たちは、サンクリの周辺に点在するマヤの先住民の村から出稼ぎに来ているのですが、そんな姿が、コロニアル調の建築とマッチして、なんとも言えない雰囲気を醸し出しています。

そんな売り子さんたちと、価格の交渉をするのも楽しいのですが、サンクリには大きな民芸品市場があります。

写真の方が雰囲気を掴みやすいので、多くは語りませんが、特に小物好きの女性にとっては天国(お金がいくらあっても足りないから地獄!?)であることは間違いありません!

⑤日本人宿が2つあるので何かあった時に安心

コンパクトな規模であるサンクリですが、この小さな街の中に、日本人が経営している宿が2つもあります。

1つ目が、「casa kasa(カサ・カサ)」。

こちらは歴史が長く、旅人からは伝説とされているゲストハウス。

現在は、ヒューマンビートボックスのパフォーマーでもあるタケシさんがオーナーを受け継いでいます。

タケシさんの娘であるももちゃん(2歳)がツンデレで、宿泊者のアイドルです。

2つ目に紹介するのが、「Pension Alegre(アレグレ)」。

こちらは、バッカパッカーをしていた佐藤夫妻が立ち上げた新しいゲストハウスです。

開放的な共有スペースが気持ちよく、また過去にコックをしていた旦那さんが作る料理は絶品(しかも安い!)です。

また、サンクリには、納豆や豆腐、豆腐ドーナッツの訪問販売をしている日本人の人もいるので、味の濃いメキシコ料理に疲弊した旅人のあなたにオススメです。(僕は、滞在中、毎朝納豆ご飯を食べていました!)

ノマドにおすすめの4つのカフェ

サンクリがあるチアパス州は、コーヒーの産地で有名であり、上質のコーヒー豆を栽培しているコーヒー農家が多数存在しています。

よって、街中には安価(どこも200円程度)で美味しいコーヒーを飲めるおしゃれなカフェがたくさんあり、wifiも利用できる場所が多いので、ノマドワークに最適です。

どこのお店でも店員さんがフレンドリーで親切なので、スペイン語が話せなくてもまったく問題はありません。

そんなサンクリで3週間、ノマドワーカーをしていた僕が、オススメのカフェを4つ紹介します!

①Carajillo Cafe

メキシコ、サン・クリストバル・デ・ラス・カサスのCarajillo Cafe

天井が広く、天窓があるので日光を浴びながら美味しいコーヒーを頂けます。

コーヒーの淹れ方も選べ、チアパス州の美味しいコーヒーを頂きながら仕事ができます。

②FRONTERA

おしゃれさがピカイチのオススメのカフェがFRONTERA

チアパス州で採れた美味しいコーヒーを、日光が気持ちいいテラス席で楽しむことができます。BARやギャラリーも併設されており、アーティスティックな空気が流れています。

③Amor Negro Café

サンクリのおしゃれな商業施設の一角を占めるオススメのカフェがAmor Negro Caféです。

チアパス州の美味しいコーヒーを200円程で飲むことができ、それなりに早いインターネットで快適に仕事ができます。

④Teddy’s Coffee Factory

最後に紹介するのが、韓国人のオーナーが運営しているTeddy’s Coffee Factoryです。

日光が差し込むパティオ席で、美味しいコーヒーを味わうことができます。

韓国人経営ということもあり、美味しい韓国料理も食べられます。

サンクリの治安はどう??

メキシコ=ドラッグカルテルの抗争というイメージがあり、どこの街でも治安が心配と感じるかもしれません。

しかし、結論から言うと、サンクリは安全です。

サンクリは、外国人が利用する施設はほぼ街の中心部に集中しており、もともとコンパクトな街でもあるので、夜の遅い時間帯でも大勢の人がいます。

もちろん、旅行者として最低限の警戒をする必要はありますが、夜に一杯飲んだあと、宿舎に歩いて帰宅する分にはまったく問題はありません。

週末は、周辺の先住民の村を散策しよう

サンクリをはじめとしたチアパス州には、マヤの先住民の方が生活を営んでおり、時間があれば、ぜひ彼らの村に行きましょう!

サンクリ近辺にもいくつかありますが、僕のお勧めは、「サン・ファン・チャムラ(San Juan Chamula)」です。

ハイライトは、サン・ファン・バウティスタ教会で行われている信者の祈りです。

ここでは、キリスト教とそれ以前の土着信仰がおり混ざったエキゾチックな祈りが捧げられており、神秘的で呪術的な空間を体験することができます。

土曜日には大規模な市場も開いているので、このタイミングで訪れるのが良いでしょう!

また、チアパス州には、メキシコ1貧しいと言われるチアパスの先住民の権利を守るために武装蜂起したゲリラ組織である「サパティスタ民族解放軍(EZLN)」の本部があります。

ゲリラと聞くと、「なんか物騒!」と感じられるかもしれません。

しかし、フェンスで区切られた本部の中には、食堂から売店、居住地、学校があり、それぞれの建物には、彼らのモチーフを施したグラフィティを鑑賞することができます。

土産物もゲリラが作ったとは思えないほどカッコよく、デザインやアートが好きな人にもオススメです!

まとめ

ここまで、ご覧いただきありがとうございました!

中南米を旅している人に、「メキシコでよかった場所は?」と聞くと、結構な割合で「サンクリ!」と答える人がいます。

僕も3週間滞在して、サンクリの「適度に観光地だけど、どこかのんびりしていて、クリエイティブな人が集まる」雰囲気に魅了されました!

ディープなメキシコをお求めの方、サンクリ、オススメです!!

P.S.

サンクリを訪れたのならば、必ずグアテマラのアティトラン湖まで足を伸ばしてくださいね!

あわせて読みたい
【グアテマラ・アティトラン湖】3ヶ月滞在した僕が語る!世界一美しい湖の魅力こんにちは!アティトラン湖観光大使のNao(@Nao_Suzuki7)です。 僕は、今年の4月から6月まで約3ヶ月間、グアテマラにある...