語学

海外で働くための英会話 3つのポイント

みなさんこんにちは!!Naoです。

僕は今、グラフィックデザイナーとしてニューヨークで働いておりますが今でも英語には苦労してます。

英語がもっと流暢に話せれば、同僚のあいつをギャフンと言わせてやれるのにな〜とか考えたり考えなかったりしながら日々業務に取り組んでいます。

今回は海外で働くことを考えている方のために、僭越ながら現地で働き始めてから苦労しないための英会話のコツについて、自分の経験を元に3点お伝えしたいと思います。

1. 一番重要なのは◯◯◯

英語が母語でない日本人が、英語を使って海外で働く場合に一番大切な要素は何だと思いますか??

発音?語彙数??正確な文法???

答えはマインドセットです。

僕もそうでしたが、日本人はあまり自分を主張することに慣れていません。

出る杭は打たれるなんて言葉もあるぐらいですからね。

でも、僕が働いているアメリカでは主張しないと相手にしてもらえません。

彼らの口癖は「What do you think?」ですからね。

打ち合わせで何も発言しないと、その打ち合わせに興味ないとみなされ次回からは呼ばれません。

よって英語力がどのくらいであろうと、いかに稚拙な発言であろうと、何でも良いから言葉を発すると言うマインドセットが何よりも大切です。

僕もアメリカの美大に入学した当初はネイティブの英語について行けず、授業中の作品批評の時間には地蔵モードになってしまうことがよくありました。

しかし、自分より明らかに英語が下手な中国人やイタリア人の同級生が堂々と自分の意見を述べているその姿を見てこのままじゃまずいなと思い、まずは一言二言でも良いから発言するように努力して行きました。

未だにミーティングの場では苦労しますが、このマインドセットをを持っているか持っていないかで、同僚とのコミュニケーションに大きく差が出てしまうと実感しています。

2. 分からないことをその場で「分からない」

英語が聞き取れなかったり単語が分からなくて、内容が理解ができなかったことをそのまま流すのではなく、その場で「分からない」という

こんな当たり前のことですが、日本人には中々できないことを外国人とのコミュニケーションの場で行うことはとても重要です。

日本は単一民族で、「以心伝心」、「ツーカーの仲」、「阿吽の呼吸」なんて類似の言葉が沢山あるくらい、お互いが同じ知識、価値観を共有していることが前提の社会なので、分からないことをその場で聞こうとするとバカだと思われる暗黙の空気がありますが、多様な国籍、人種が集まるアメリカなどの移民国家では、単一の知識・価値観を共有できるわけがありません。

従いまして、ネイティブと会話をしている最中に分からないことをその場で「分からない」と言ってもなんの問題もありませんし、それでバカにされることもありません。

但し、以前ESLの授業でディスカッションをしていた際に、私の発言をあるフランス人が遮って、「ソニーはアメリカの会社じゃないのか?」と聞いてきた際には、「そんなことも知らないのか」と思わず言いそうになりましたけどね、、

3. そしてひたすらアウトプットを繰り返す

日本人が英語をいつまでも話せるようにならないのはズバリ!圧倒的にアウトプットが少ないからです。

僕は、中学・高校・大学の10年間、ひたすら暗記、暗記、暗記を繰り返し、インプットばかり続けた挙句、就職したある日、会社で海外支社から来ていたアメリカ人に「What’s up?」と聞かれ、焦って思わず「sky」と言ってしますような体たらくでした。(※脚色しました)

とっとと参考書を使った文法や単語・イディオムの勉強は卒業して、生の英会話の練習をしましょう!

今は、スカイプなどのツールを利用したオンラインのサービスを利用して、英語ネイティブと手軽に会話ができる大変良い時代です!!

逆にいうと長いインプットの時代を過ごしたので、英語の基礎力はあるはずなので、あとはアウトプットの練習をひたすら積めば、ある日急に英語を話せるようになるはずです。

まとめ

以上、偉そうに書きつらねて来ましたが、かく言う僕もまだまだ英語を極めるための修行の真っ最中です。

英語学習は筋トレのようなものでコツコツ努力をしていく以外、上達の方法はありません。

巷にはびこる、「3日でペラペラになる英語学習法!!」「寝ている間に英語がペラペラになる睡眠学習法!!」なんてのはまやかしに過ぎません。

今回の1、2番目の英語のお作法を理解した上で、あとはひたすら会話の練習をしましょう!!(てか、1、2番両方マインドセットの話ですがそれはご愛嬌で、、)

その先には、あなたが海外で英語を駆使してネイティブたちと丁々発止でやりあっている未来が待っているはずです!

一緒に頑張りましょう!!

あわせて読みたい
【英語ペラペラへの第一歩】ニューヨークで活躍する通訳さんの発音講座に参加しましたこんにちは!語学学習マニアのNaoです。 東京オリンピックの開催が日に日に近づきつつある昨今、英語を学ぶ必要性が以前にも増して叫ば...