ライフハック

語学力不要!海外で日本人として人気者になれる4つのソフトスキル

こんにちは!中南米で浮浪中のNao(@Nao_Suzuki7)です!

Nao
Nao

これから海外で生活することになった!!

英語あんまり話せないけど、友達できるかな汗汗

筆者もそうでしたが、旅行ではなく、留学や海外勤務のために外国に行くことになった時、帰国子女でもない限り誰でも自分の英語力(またはその他の現地の言語)に自信がないものです。

そして、自分の英語力で果たして現地で友達ができるかな?と誰しも大なり小なり不安になるでしょう。

そんな不安に対して、アメリカに合計3年、そして現在中南米を放浪している私が自らの経験を振り返り、語学力がなくても人気者になれる日本ならではのソフトスキルを4つ紹介します。

 

この4つのスキルを抑えればあたなも人気者!

先日、twitterでもつぶやきましたが、万国共通で外国人にウケるネタはこちらです。(注:アフリカだけは行ったことも、アフリカ人に会ったこともないのでわかりません)

渡航前に身につけておいて損はしませんよ!

それでは、それぞれ解説して行きましょう。

 

1. 漫画・アニメを語れる

漫画とアニメを知っていれば、どこに行っても間違いありません。

海外渡航者全て学ぶべき一般教養と言っても過言ではありません。

30代より下の世代は、どこの国に行っても幼少期の頃に漫画を読んだり、アニメをテレビで見た経験が誰でもあります。

こちらが日本人だとわかると、「俺は日本のこの漫画が好きだ」とか「このアニメを昔よく見ていた」と話かけてくるのも珍しいことではなく、そこでこちらに知識がないと、折角仲良くなるチャンスをふいにしてしまいます

人によっては、日本人の我々よりも漫画やアニメに詳しい外国人も少なからずいるので、「悟空やベジータを知っている」ぐらいの知識では歯が立ちません。

したがって、海外渡航前には、漫画やアニメをしっかり熟読しておきましょう。

ちなみに、渡航先の国や地域によって人気のある作品が異なるので、行き先に合わせて柔軟に対応しましょう。

筆者の独断と偏見によるエリア別必修科目はざっくり以下です。

(注:これは、筆者が実際に会った各国の若者の意見によるので大分偏っています。それぞれのエリアにお住いの詳しい方、訂正や指摘事項あったら教えてくださいm__m)

アメリカ:ドラゴンボール、ジブリ映画、セーラームーン、ナルト、ベルセルク、デスノート

中南米:ドラゴンボール、ナルト、キャプテン翼

アジア:ドラゴンボール、ジブリ映画、ワンピース、ナルト、ブリーチ、コナン、ドラえもん、進撃の巨人、セーラームーン、るろうに剣心

ヨーロッパ:ドラゴンボール、キャプテン翼、ジブリ映画

ドラゴンボールは、世界共通のバイブルなのでマストです。さらに、若い世代は、ドラゴンボール=ドラゴンボール超なので、そこまでチェックしましょう。

 

2. 寿司が握れる

みんな大好きお寿司。

今や、世界中どこに行っても寿司屋があります

大体、中国人や韓国人がやっているお店ですが笑

日本人とわかったら、「寿司?」か「アニメ?」か「空手?」の3つのリアクションしかありません。

先進国は当然のこと、今僕が滞在しているグアテマラでも寿司は人気があります。

カリフォルニアロールなどの「エセ寿司」でも外国人は喜ぶのだから、刺身包丁で颯爽とマグロをさばき、手際よくシャリを握ることができたら、人気者になれないはずがありません

気になるあの子を自宅に招いて、寿司パーティーをやろうものなら、その子はあなたにメロメロです笑

メキシコやグアテマラの道中で、路上で寿司を売っている日本人がちらほらいましたが、そのクオリティに関わらず大人気ですぐに売り切れていました。

かくいう筆者も、寿司握りを学びたいと思いオンライン講座を探したら、オンライン動画講座プラットフォームのUdemyで寿司講座があったので勉強したいと思います。

https://www.udemy.com/the-most-comprehensive-sushi-course-online/

 

3. 三味線が弾ける

音楽に言葉は必要ありません

英語のあまり流暢でないきゃりーぱみゅぱみゅ(あってる?)でも、その音楽とダンスが人気となり、いまやアメリカやヨーロッパの各国でも大人気です。

先月まで滞在していた、メキシコのサンクリストバルで知り合った現地在住の日本人の方は、定期的に路上ライブを行っており(バスキングと言います)、そこで得られるチップだけでも生活できる!とおっしゃていました。

彼らはギターとベースを演奏していましたが、筆者はそれをさらに一歩進めて、三味線を演奏すれば、路上で大人気となり驚くほどのチップを手に入れることができるのではないか?と考えています。

バスキングが盛んな街は、ニューヨークやバルセロナなど世界中に多数ありますが、三味線を路上で弾いてる人は未だかつてお目にかかったことがありません

プロ級の演奏スキルを持つ人が多数いるギターは避けて、競合のいない三味線を使ってバスキングをするのは、旅先のお小遣い稼ぎにもいいのではないかと思います。

もちろん、ホームパーティーで演奏しても大盛り上がりだと思います。

ちなみに、たまたまレコメンドされたYouTubenの動画で、オーストラリア在住の超有名日本人の女性の存在を知りました。

彼女をそこまで有名にしたのは、ズバリ「津軽三味線」。

聞いたことのない音色に外国人も大ウケです。

僕も、時間があれば三味線を学んでみたいと思います。

ただ、荷物がかさばらないように折り畳み三味線を見つける必要がありますが。。

 

4. 空手ができる

バカにされてるのか、本気で言ってるのかわかりませんが、中南米を旅しているとよく「日本、空手?」というような感じで声をかけられます

彼らは、真剣に「日本人 = 空手ができる」と考えています。

そして、できないことがわかると残念な顔をします。

これは、ドラゴンボールやその他の格闘漫画・アニメなどが人気なことも理由にあると思いますが、日本人は総じて武道ができるという印象があるのでしょうね。

そんな彼らの期待を裏切らないように、空手を学びましょう。

また、先進国でも空手を嗜んでいる人が少なからずいるので、そうしたコミュニティーに入れば友達も作りやすいと思います。

海外での防犯対策にもなるしね。

 

まとめ

 

以上、筆者の実際の海外生活の経験から、語学力不要の海外で人気者になれるスキルをご紹介しました。

この他にも

・禅を語れる(要語学力)

・(本格的な)ラーメンを作れる(要厨房)

・着物を常に着用している(携帯大変、動きづらい)

なんてのも海外ではウケがいいと思います。

語学力に不安があれば、こうした飛び道具をうまく利用して、みんなの人気者になっちゃいましょう。

そうすればこっちのもので、語学力は後からついてきますよ!

それでは、アスタルエゴ!!